• 寝ている女性
    2016年9月27日 未分類
    さまざまな寝具が人気!腰痛に役立つ製品
  • パソコンで仕事をする女性
    2016年9月27日 未分類
    腰痛を緩和させる方法は姿勢改善の椅子
  • ウォーキングする女性
    2016年9月27日 未分類
    症状や仕事によって決める!腰痛対策に欠かせないグッズ
  • 一万円札を持った女性
    2016年9月27日 未分類
    気持ちよさだけで選ばない正しいマッサージ機の選び方
  • コールドスプレー
    2016年9月22日 未分類
    ギックリ腰は安静と冷却が大切。
コールドスプレー

患部への負担を極力軽減

動くことも儘ならない程の強い痛みが特徴のぎっくり腰は急性腰痛に分類されます。そんなぎっくり腰に対してはアイシングや患部の固定ができる腰痛改善グッズを使うと良いでしょう。急性腰痛は患部に炎症が生じている場合が多く、ぎっくり腰も例外ではありません。炎症が強い状態が続く程痛みも強く出やすい傾向がありますので、まずはコールド一万円札や冷湿布、アイスノンなどで痛みのある部位を冷やすようにしてください。

 

しかしこうした腰痛改善グッズが手元にないからと言って、痛みが強い時期に無理をして買いに出かけるのは賢明ではありません。普段から用意しておくのが一番ですが、忘れてしまったという場合には氷や冷却シートで代用することも可能です。ぎっくり腰になってしまったらまずは患部の炎症を抑えながら腰を休めることが重要となります。特に発症直後の痛みが強い期間は無理をせず、安静にするようにしましょう。

 

もう一つぎっくり腰に対して有効な腰痛改善グッズとしては、腰痛ベルト、骨盤ベルトなどのコルセット類が挙げられます。サポート力や材質によって数種類の中から選べるようになっていますが、特にぎっくり腰の改善を目的としている場合にはサポート力が強いものを使うのが良いとされています。ただし夏場に関してはあまり締め付けが強いと蒸れてしまう可能性もありますので、季節によってはメッシュタイプなどの通気性の良さを優先した方が良い場合もあります。こうした腰痛改善グッズを使うことはぎっくり腰の再発予防にも効果的です。折角良くなってもちょっとした動きで痛みがぶり返してしまう可能性もありますので、負担がかからないように少しの間患部を固定しておくと良いでしょう。

 

バスタオルを丸めるだけの腰痛対策

若い頃は全く感じなかったのですが、最近になって背中や肩、足腰にコリや痛みを感じるようになってきました。特に腰痛がひどく、週に1度はマッサージに通うようにしているのですが、やはりケアの頻度は大切なので自宅で気軽に行えるように腰痛改善グッズを探していました。インターネットの通販サイトなどでいろいろ探していたのですがなかなか良い商品に出会えず、どれも似たようなものばかりでした。腰痛改善グッズを探している中で、あるサイトに「バスタオルを使った腰痛改善グッズ」といった記事を見つけました。バスタオルでどのようにして腰痛改善グッズを作るのかというと、まずバスタオルを4つ折りにします。ここで使用するバスタオルはある程度の大きさが必要なのですが、「バスタオル」として販売されているものであれば概ね問題ありません。次に、4つ折りにしたバスタオルを丸めていき、丸め終わったら完成です。

 

使い方はいたってシンプルで、仰向けに寝た状態で丸めたバスタオルを腰の下に敷くだけです。この状態で多少痛気持ちいいような感覚があり、大体5〜10分程度キープします。バスタオルの位置を上下にずらしたり、バスタオルの向きを変えたりすることで、より効果を実感できます。もし、痛みが強すぎたり苦しかったりした場合は、バスタオルのロール数を減らして高さを調整してください。市販の腰痛改善グッズを購入する前に、一度試してみるといいかもしれません。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

未分類】の関連記事
  • 寝ている女性
    さまざまな寝具が人気!腰痛に役立つ製品
  • パソコンで仕事をする女性
    腰痛を緩和させる方法は姿勢改善の椅子
  • ウォーキングする女性
    症状や仕事によって決める!腰痛対策に欠かせないグッズ
  • 一万円札を持った女性
    気持ちよさだけで選ばない正しいマッサージ機の選び方
  • コールドスプレー
    ギックリ腰は安静と冷却が大切。
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。