August 2002:TYO−JPN


MIKE・石井聰亙監督篇
『時よとまれ、君は美しい』



 12分の8!です。残すところあと4回です…。

まずは石井監督が演出するTVドラマ!これだけでも映像界では一大事件です!物凄い事です!
しかも、ココロ行くまで堪能していただけたでしょう!“世界のISHII・ワールド”!!!!!!
独特の世界観がマイクを覆っていき、コラボレーションの渦の中に見事に仕上げて頂けました!
脚本はあのエヴァンゲリオンのメインライターの薩川昭夫さん!
そして今回の音楽監督も“五条霊戦記”“エレクトリックドラゴン80000V”でお世話になった小野川浩幸さん。MACH1.67でNagase氏ともバンド仲間のあの、小野川さんです!

石井監督+小野川さんのTV画面からバシバシ飛び出していく世界!贅沢な回でした!!!

撮影期間がW杯(Nagase氏は随分前から楽しみにされていたのですが…TV観戦もまったく、ままならぬ状態でした…4年後を待ちましょう!凄いぞ!日本!!すげぇぞ!韓国!!)と丸被りなためロケーション場所にもかなり苦労した作品でした。

「毎回ロケ場所、凄いよね!スタッフの皆さんの努力とセンスに脱帽だよ…今回も物凄かったしね」Nagase氏談
そう!今回のシリーズ、各シーンを彩るロケーションの懲り様にも注目なのです!

スタッフX

DATA:
撮影期間
2002年6月05日 クランク・イン〜
2002年6月16日 クランク・アップ!
撮休…有りませんでした…