匠本舗で買ったおせちの解凍方法や解凍時間は?解凍する時に気をつけることは?冷凍おせちと冷蔵おせちの違いは何?

匠本舗で購入できるおせちは、冷蔵タイプのものと冷凍タイプのものがあります。

冷凍タイプのものは冷凍保存しておくと、1月31日まで日持ちします。

冷凍タイプのおせちは食事をする何日前に解凍すればいいのでしょうか。

解答方法や注意点などを説明します。

 

匠本舗の口コミや商品ランキングについてはこちらの記事で紹介しています。

冷凍おせちは解凍するのに2日間かかる

冷凍庫

匠本舗で冷凍おせちが届いたら冷凍庫におせちを入れましょう。

そのまま冷凍庫へ保存しておくと、2019年1月31日まで日持ちします。

お正月が終わってからもおせちを食べることができますね。

冷凍おせちは解凍まで2日間かかります。

1月1日におせちが食べたい場合は、年が明ける前の12月30日に解凍をしましょう。

解凍方法はとても簡単で、冷蔵庫に入れるだけで構いません。
冷蔵庫におせちを入れるスペースを確保するために、解凍するまでに冷蔵庫内の大掃除をしておきたいですね(^^)

冷凍おせちのメリットとデメリット

バッドとグッド

冷凍おせちのデメリットはこちらです。

  • 解凍までに時間がかかる
  • 食材によっては少し風味が落ちる場合もある

何度も書きますが、解凍まで2日間かかるので、スケジュールをしっかり確認して解凍をする必要があります。

日持ちのする冷凍おせちですが、作りたての冷蔵おせちと比べると多少風味が落ちることもあるそうです。

冷凍おせちのメリットはこちらです。

  • 冷凍保存で1月31日までの保存が可能
  • 薄味のおせちを楽しめる

冷凍おせちの魅力は何といっても日持ちすることです。

賞味期限についてはこちらの記事をどうぞ。

年末年始、予期せぬイベントが起こる可能性がありますが、冷凍だと期限の心配はいりません。

そして冷凍おせちは料理の上品さが、冷蔵おせちとは違います。

冷蔵おせちは保存性を高めるため、濃い目の味付けになっているものが多いです。

その反面、冷凍おせちは薄めの味付けで作っても問題ないため、薄味の料理が食べられます。

適切に解凍すればおせち本来の味が楽しめるのが冷凍おせちの嬉しいところです。

そんな冷凍おせちは匠本舗で購入できます。

12月15日までに注文するとお得に買える早割キャンペーンも行っているので、早めに予約をして年末年始はゆっくりしましょう。

[かに本舗]スカイネット株式会社購入はこちらから!